« January 2008 | Main | March 2008 »

February 2008

松本城下界隈

松本城を中心に小売店が数多くあります。
その中で気になる佇まいを醸し出している店をピックアップしてみました。
Classic


シャレていますね。

Continue reading "松本城下界隈"

| | Comments (0)

鉄と

いうそうですね、鉄道マニアの事を。
男性用漫画の読者を腐女子、というように趣味の呼称がマニアックになっています。
_2242521


写真の分野では、カメラが好きな人と撮るのが好きな人がいます。私の場合は、後者ですが、お気に入りの道具を使うという意味では前者でもあるかもしれません。

| | Comments (0)

松本市街散歩

スナップばかりです。いい加減に第4段になります。
レタッチした訳ではなく、こういう趣味の人がいるんです。冠婚葬祭には乗れませんねぇ。
Green


Continue reading "松本市街散歩"

| | Comments (0)

新宿散歩

散歩が趣味というわけではありません。
犬も歩けば、式で行っています。反射神経を鍛えるという題目でもあります。
何か変な感じを受けたときにシャッターを切っています。決定的瞬間という言葉は、マグナムという写真集団のアンリ・カルティエ・ブレッソンにより唱えられたものですが、偶然というものは、普段からの訓練が大事だと言っていたようなので、模倣しています。
ただ、感じる事柄が浅いですが、..
_2232354


Continue reading "新宿散歩"

| | Comments (0)

横浜散歩

数年振りに訪れた横浜桜木町からの景色は、大して変わっていませんでした。
日本丸~パシフィコ横浜~赤レンガ倉庫までの道のりです。
インプレス社のデジカメウォッチサイトで伊達淳一氏が日本丸でレンズのテストレポートをしていますね。
船尾の白地に金色の装飾された感じがとても気に入りました。以前はもっと薄汚れていたような気がします。
_2242424


Continue reading "横浜散歩"

| | Comments (0)

諏訪湖散策

観光地であるためか何かとイベントが多いです。
長野県の人が他県に移ると、山が恋しい、気持ちになるそうです。平地生まれの私としては、共感できないところです。
Suwko1


Continue reading "諏訪湖散策"

| | Comments (0)

春一番の翌朝は

快晴でした。風は相変わらず強いです。
_2242416

ランドマークタワー辺りも強風。長く風に当たっていると芯から冷えます。
_2242430


| | Comments (0)

横浜国際女子駅伝

駅伝のスタートを見に行きました。
偶々、横浜にいたのでスタート位置である赤レンガ倉庫を訪れました。
_2242472

既に観客席が雛壇になっていたので隙間からしか様子がわかりません。観客席に座るにはパスが必要なんですと。

_2242477

Continue reading "横浜国際女子駅伝"

| | Comments (0)

春一番が

吹きました。(@横浜港北区)
関東ローム層の茶色い砂煙を舞い上げていました。
_2232398


| | Comments (0)

新宿ビルディング

新宿西口に建設中のビルです。
レンズがボロい訳ではなくビルが歪んでいます。何のビルになるのでしょうか。
_2232336


 

| | Comments (0)

囲われた地域

この地域は、日本人や富裕層の人たちが住む特区があります。
入口には公安の警備所があり、居住者以外は入れないようになっています。
この中で働いている人がいます。
Sinson


木の幹の下部が白くして防虫をしているらしい。
Sinson2


| | Comments (0)

諏訪神社

下社です。
私事ですが、諏訪神社は、澄んだ空気と潔さみたいなものを感じます。
_mg_2249


絶妙なものの貌に感激します
_mg_2259


| | Comments (0)

今日の慶き日に

やはり記念撮影でしょう。
ボルボにルーフラックって...、儲かってるんですねぇ。
_2172289


| | Comments (0)

寒さのピークが

過ぎたように感じます。朝はそれでも-8度になります。昼に+6度まで上がるので、そう感じるのかも知れません。

_1021418


| | Comments (0)

交通事情 地铁

シリーズ その4。
「地铁」は、地下鉄のことです。広東省深セン市にありました。 羅湖駅からの乗車です。
CANONの大きな看板のついた建物の地下に入り口があります。

Img_0085


Continue reading "交通事情 地铁"

| | Comments (0)

お足元の悪い中

降った雪が、掃ける場所もなく、溶ける凍るの繰り返しで大変滑りやすくなっています。。
お越しの際はお気をつけください。
_mg_4660

(上諏訪商店街)
snow

| | Comments (0)

鳥の名前は?

名前のわからない、鳥がいました。多分、もう一度行けばわかります。場所は、松本市アルプス公園。
姿を見ると夢に出てきそうです。

Bird


この公園には、他に多くの小動物がいます。一番臭いのがタヌキ。確かめにお越し下さい。
Monkey


| | Comments (0)

Less than human

ショーウィンドウに小さなバルタンがいた。
何の店かわからないまま帰って調べてみたら、メガネのブランドでした。有名なんですか?

_2172321


| | Comments (0)

冬季ビーナスライン

諏訪圏のビーナスラインは、冬季中でも白樺湖~霧が峰~八島七島は通行可能となっています。
雪が降るたびに雪掻きをして頂いています。ありがたいことです。
それでも、やはり道路幅が狭くなって、対抗車とすれ違えないところもあります。快晴で暖かいように思えますが、気温はマイナス8度です。
Beanus_line

道路脇には湿原が広がっております。
Dark_blue


機材の都合上、少しお高いレンズ(Lレンズ・スーパーハイグレード)を使用しています。この手のレンズは、何もしなくても空は深い青の配色になります。ありがたいことです。


| | Comments (0)

木々と雪

木々と雪とが絡んだ状態により、表情が大きく変わります。
風が吹いて枝から雪が落ちるとき息吹を感じます。
_2162156_080216


Continue reading "木々と雪"

| | Comments (0)

八島湿原の木道を

歩いてみました。正確には、木道上の雪の上です。
この時期、歩くにはスノーシューを履き、沈まないようにするべきですが大丈夫そう。
積雪が多かったので(唐松の)枝が氷った霧氷を期待していました。木々は存外、雪が着いていなくてがっかりです。
この日(16日)は快晴で気持ちが良く、癒されました。
Mokudou

駐車スペースだけ除雪してあります。
Carpark

| | Comments (0)

霧が峰スキー場は

傾斜がなだらかな1ゲレンデの小さなスキー場です。
朝一の圧雪整地されたゲレンデを滑ることは醍醐味の1つです。
_2162100


| | Comments (0)

雪道

油断すると雪をかぶる道
_2162206_080216


| | Comments (0)

諏訪市街散歩

雪明け快晴、雪降り一過というべきでしょうか。いつも以上に空気が澄んでいます。
雪解けを放っておくと氷りますから、玄関前くらい除雪しないとドアが開かなくなります。

_mg_4650


Continue reading "諏訪市街散歩"

| | Comments (0)

諏訪湖上の雪

湖上の雪、続きです。
_mg_4707


Continue reading "諏訪湖上の雪"

| | Comments (0)

交通事情 その3

中国では、ビザなし滞在が2週間と定められています。それ以上滞在は出来ないので一旦出国する必要があります。
広東州からですと、香港特別区へ行くことで出国扱いになります。
出入国審査(イミグレ)を通って出るわけですが、ここですぐに折り返して入国することは禁じられています。
交通機関を利用することになります。手軽なのが、電車(羅湖駅)です。第3セクターのような配色で新しく、きっと諸外国の輸入品であると思います。
Train

中は、原色の落ち着かない配色の内装
Train2

| | Comments (0)

諏訪湖散歩

諏訪湖が凍ってから更に寒い日が続いています。
その上に雪が積もりどこまで氷なのかわからない状態。
湖上公園から初島まで行けるようです。写真手前の溝まで湖岸、皆湖上を歩いています。

_mg_4715


Continue reading "諏訪湖散歩"

| | Comments (0)

交通事情 その2

ご想像の通り、自転車での通勤は定番。
クラシックなスタイルの自転車で、マウンテンバイク、ロードレーサータイプは見たことがありません。
尤も、工員さんたちは工場の上に住込みが殆どなので通勤の必要がないようです。

Bicycle1


Continue reading "交通事情 その2"

| | Comments (0)

バス=巴士

鉄道網は、幹線都市以外は通っていなく、移動手段は、バスを使います。交渉次第ではタクシーもありです。
安く済ませるには、2元(30円くらい)バス。停留所はありません。街を周回しているのを止めて乗り込み、降りたい所で、止めてもらいます。

Bus

高速を走るバスは日本で観光に使っているような大型バスです。
Bus2

| | Comments (0)

歩行者

横断歩道の表記があまりなく、信号も良く壊れるので、自己責任で道路を横断します。
2車線だろうとお構いなしに渡ります。

Road1


上海では雪が降るそうですが、ここはさらに南にあり、雪は見たことがないそうです。

Road2


| | Comments (0)

高島城晴れ

オムニバス形式でアップロードしております。

高島城晴れバージョンです。

_mg_4636


| | Comments (0)

川に積もる雪

どこからが川か判らないで進んで行きますと、限界というか気持ちで負けて妥協。


いつまで降るんだろうって思いながらの撮影となります。


カメラは防水でないので、片手にビニール傘。


片手で撮っても割合と大丈夫。


晴れた日が良いな。


では


_mg_4603


| | Comments (0)

交通事情

中国の交通機関として、飛行機、電車(地下鉄)、バス、タクシー、があります。自動車が使う交通網は、大陸らしく高速道路が整備されています。(全て公共機関)
中で珍しい?のは、バイク便(上半身に番号の付いた服を着る)です。言わばオートバイの2人乗り。事故が多いので、会社からは乗車禁止令が出ています。

写真のバイク便のおじさんがボクシングの内藤チャンピオンに見えて仕方ありません。

Autobicycle1


タイ、ベトナム?のような足漕ぎタクシーはありません。リヤカーを自転車で引く荷物運びはあるみたいですけど。
Autobicycle2


| | Comments (0)

再び雪

また雪が降りました。
休み中であったため雪下ろしをサボるとご覧の有様です。
※中国シリーズはネタなしの場合に掲載します。

_mg_4618


| | Comments (0)

香港国際空港

少し前になりますが、仕事で中国に出張していた時期がありました。
その時撮った写真で変わったところをセレクトして紹介したいと思います。
先ずは、玄関口である香港国際空港で写したものです。
100_6245

Continue reading "香港国際空港"

| | Comments (0)

松本城

カラス城とも呼ばれるように壁面は黒。拝観料を払って入場することができます。
1度しか入ったことがないので記憶が確かではありませんが、薄暗かったような気がします。
廊下階段が木造でツルツルに磨かれていて、恐る恐る急な傾斜を登っていくとと天守閣まで上がれます。写真にある位の小さな窓から市街を一望できます。


_c090898_2

お堀には鯉がウヨウヨいて、(中には信じられなく大きい錦鯉)、白鳥、カモが一緒に泳いでいます。
_c090912_2


| | Comments (0)

スケート

長野に引っ越して以来、スケートを滑りに行ったことがありません。
正確に言うと、滑ると邪魔になりそうなので行かないのです。なんといってもウィンタースポーツのメッカ長野、リンクには、スピードスケートです。
前に住んでいたところでスピードスケートで滑る人なんて誰もいませんでした。スケートといえば、フィギア、良くてホッケーです。
丸いリンクなんてありませんから。四角いスケート場で手を繋いで、冬デートの定番であります。


_c241018_071224


| | Comments (0)

ビニールハウス

写真のビニルハウスは、高級なビニルハウスです。
フツーにイメージするのは、右側あるビニールが掛けていないアーチ型の魚の骨のような骨組みでできたものだと思います。
骨組みにビニールをゴムバンドで固定します。台風でよくビニールだけ飛ばされますね。
ビニルハウスに入ったことありますか?
あの蒸し暑い、独特な匂いは、入ったことがないと想像できないと思います。あれだけのつくりであの暖かさは、不思議さえあります。

_c241081_071224


| | Comments (0)

湿原を上から眺める

湿原といっても俯瞰で眺めると雪溜まりに見えます。
_1261929_080126_1


| | Comments (0)

新宿某日

幼い頃、新宿東口には危険だから行ってはいけないと言われていました。
現在は、大手百貨店の進出もあってとても奇麗になったようです。
人種が欧米化されたのか再び危険な街に変貌している気がしてなりません。

Dsc00211


| | Comments (0)

セピア色の

セピア色の。。。という接頭句が付くと昔の古き良き思い出のことを指していますね。
白黒写真が日に晒されて褐色になったことの例えだと思います。
ところで、セピアとはイカ墨のことを言うらしいです。銀塩写真では、この系統の色に敢えてする技法があり、セピア調色といいます。
現像、定着した後に調色液に浸けて色を出します。バライタ紙というちょっとお高い印画紙に焼き付けないと上手くいかないので、お金と労力が要る作業です。
デジタルカメラでは、後作業(PCでの加工)のみですが、同じようにセピア色にすることができます。何でもカンでもセピアにしても訳の判らないことになるので、それらしさが大切だと思います。

Sepia


茅野市運動公園の野球場です。野球場のことをボールパークと呼ぶところもあるそうですが、この辺りの球場は、高校生の思い出作りの舞台であるように思えます。
Park


| | Comments (0)

鳥の目・神の目

というテーマで写真撮影の実習を学生の時、履修した覚えがあります。
バードアイともいいます。俯瞰で撮影して撮る対象を客観的に見る手法だそうです。箱庭写真も俯瞰の視点で、まるで神になったかのようなアングルで撮ると、よりらしく写るようです。

Ic

高速上り岡谷インターチェンジの出口付近の景色です。(EF TS-E90mm F2.8 +EOS 5D)

| | Comments (0)

深雪

誰も踏み込んでないキレイな雪面を写そうとすると、どうしても山奥など人が余り立ち入らないところにいかなければなりません。
足跡がないのですから、一体どの位沈むか踏んでみないと判りません。きれいに整った雪面で表面だけ凍ったようなところは注意が必要。
表面はカリット、中から肉汁がトロッ、美味しい料理の如く、中は柔らかいわけです。沈んでも胴体までは来ないので大丈夫ではあるのですが。

Plants

写真のような硬そうな雪面が実は危ない。
植物がどの位埋まっているかで深さは大体判るのですが、立ち枯れた葦ではどうにも,...

| | Comments (0)

秋と冬

雪景色ばかりでモノトーンにも飽きてきました。
秋と冬で同じ場所を写したものです。秋は色が着いていて華やか。

_mg_3620_071028

これが冬になると
_mg_4105


| | Comments (0)

駅前ロータリー

上諏訪駅前ロータリー。
何故ロータリーと呼ぶようになったか定かではありませんが、回るように区画されているのでそう呼ぶのだと思っております。
写真システムでピント面を変える操作をアオリと言います。光軸に対して傾ける「ティルト」または、「スウィング」でピント面を変えます。
もう1つ「シフト」という操作もアオリに含まれます。これは、レンズピント面に対して平行に移動することで、形を変えるのに使います。ティルトで地面などを写すような足元から遠景まで直線状に並んだ被写体にピント面を設けると、余り絞りを小さくしなくても全体にピントがあったように出来ます。このときの操作は、ピント面、レンズ面、撮像面(CCD)の延長線が一点になるようにレンズをティルトすることです。(この法則をシャ・イン・プルフの法則といいます。)
その操作を逆手に取ったのが、逆アオリです。

Ekimae


(EF TS-E 24mm F3.5L + EOS5D)

| | Comments (0)

高島城

昨年度のNHK大河ドラマ『風林火山』で由衣姫の里として登場していましたね。
その高島城は復興されたもので、中身は鉄筋コンクリートです。

_mg_4510

この雪降りでお城が雪だるまになりそうです。

| | Comments (0)

積雪25cm

一昨日から今朝未明にかけて、積雪25cmだったそうです。
駐車場には業者のショベルカーで一斉に雪を掻き出して、以前よりもすっきりしています。
ただ困るのは、諏訪市の幹線道路は周りの市と行政のあり方が違うのか、道路の雪掻きが行なわれません。
諏訪市内に入ると途端に道路状況が悪くなり、滑り止めのチェーンの道路に残したガタガタの振動で車が分解しそうになります。

平地でこれだけ降ったので山での景色が激変していると思われます。週末が楽しみです。

Setugen


| | Comments (0)

高島城の雪

昨日から降り続いた雪が今日も降っています。
既に積雪20cm。このまま行くと、この冬一番の雪降りになりそうです。明日は立春であるのに。

_mg_4488


池のカモも寒いのか集まって凌いでいるようでした。
_mg_4485


| | Comments (0)

着雪

体感的に、着雪->霧氷->樹氷という段階で温度が低くなるように思えます。
気温がかなり低いときに降った雪は、さらさらとしていて雪だまを作っても固まらない。
そんな雪を踏みつけると鳴き砂のような音。踏むときに足裏でずれる振動が気持ちいいのです。

_1021455


| | Comments (0)

ムートンのような

雪が積もった山肌がムートンのような毛の長いテクスチャーに見えました。
雪景色は差し色がないと、モノトーンになってしまいます。それだけに階調が整っていないとみすぼらしくなります。

_1021413


| | Comments (0)

御神渡り

が2年ぶりに確認されました。本日朝、八剣神社の宮司により「拝観式」がありました。
湖面の3本の氷の筋を過去の記録と照合し、「天候はやや不順。農作物の作柄は満点。世相は不安定なれど明るい兆しあり」というご託宣が出たそうです。

_2022013


Continue reading "御神渡り"

| | Comments (0)

王ヶ頭を眺める

よもぎこば林道から美ヶ原の王ヶ頭にあるテレビ塔が見えます。
急に視界が開いて見える景色に思いのほか感動です。


Ouga


| | Comments (0)

立石公園より諏訪湖を望む

諏訪市市街から霧が峰に向かっていく方向で、山の中腹に立石公園があります。
ここから諏訪市街、諏訪湖などが一望できます。展望台、円形のステージらしき施設があり、まさに観光の趣があります。疲れたときはここから眺めると癒されること請け合いです。


Tateisi

(逆アオリでボカしています。TS-E24mmF3.5Lレンズ使用)


| | Comments (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »