« 秋と冬 | Main | 鳥の目・神の目 »

深雪

誰も踏み込んでないキレイな雪面を写そうとすると、どうしても山奥など人が余り立ち入らないところにいかなければなりません。
足跡がないのですから、一体どの位沈むか踏んでみないと判りません。きれいに整った雪面で表面だけ凍ったようなところは注意が必要。
表面はカリット、中から肉汁がトロッ、美味しい料理の如く、中は柔らかいわけです。沈んでも胴体までは来ないので大丈夫ではあるのですが。

Plants

写真のような硬そうな雪面が実は危ない。
植物がどの位埋まっているかで深さは大体判るのですが、立ち枯れた葦ではどうにも,...

|

« 秋と冬 | Main | 鳥の目・神の目 »

風景」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 秋と冬 | Main | 鳥の目・神の目 »