« February 2008 | Main | April 2008 »

March 2008

また雪が降りました

年度切り替り間際に雪が降りました。
_mg_4679

この時期の雪は1日で消える運命
_mg_4670

使用機材:EOS 5D + EF24-70mm F2.8L

| | Comments (0)

ポタリング@松本つづき

前回の続きです。
松本パルコの6階、遊べる本屋「ビレッジ・バン・ガード」に寄ろうと思ったが、生憎(あいにく)駐輪できないので、松本城まで足を延ばした。
Sdim0166

撮る角度で随分と印象が違うことに気づく。この角度が今のところベスト。
撮影ポイントの一番人気は朱色の架け橋の入り口舐めの天守閣を望むアングル。多くの観光客が記念撮影をしていた。
 その中に、日本一周ヒッチハイクの旅終点という3人がいた。一周で終点であるから、きっと松本人なのでしょう。
Sdim0177

黙っていても危ない目に逢うご時勢なので、ヒッチハイクは、さぞかし苦労されたのでしょう。

帰り科、からくり時計が鳴り始めていたので足を停めた。出来た当初は鞠状の球体が開いて、からくりが動き始めると回りに多くの見物客が集まったものでした。他に誰もいないのでじっくりと観察していると
Sdim0181s

2曲流れることを知った。曲に合わせて動く人形も2組あるようだ。
天気が良いと自転車乗りは気持ちが良い。メタボ対策にお勧めです。

使用カメラ:シグマDP1 28mm F4.0
追記:このカメラはストラップが両吊りタイプなので首にかけ、ストラップがピンと張るようにして構えるとブレを抑えることが出来ます。


| | Comments (0)

ポタリング@松本

自動車に折り畳み自転車を積んでポタリングに出かけました。駐車場から自転車に乗り換えて、散策開始。
深志に向かって走ると変な形の建物発見。
まつもと市民芸術館というそうだ。建物に沿って形を確かめた。俯瞰ではひょうたんの形で横からは円筒に見える。お金がかかる箱物の典型だ。
Sdim0148

裏側の窓が丸く何故か池がある。客船のイメージだろう。
Sdim0150


自転車を置こうとして駐輪場を探した。どこにも見当たらず、代わりにそこら中に駐車禁止の貼紙ばかり。
貼紙には駅前にあると記されていた。仕方なく向かうと松本駅構内の駐車場の隣に駐輪場があった。
入り口に受付があり、11枚綴り1,000円の文字....⇒停めるの止めました。
そして、タクシーも整然と並んでいた。
Sdim0190

使用カメラ:シグマDP1 28mm F4.0

次回へつづく

| | Comments (0)

夕景かくありき4

空気感により、同じ場所でも全く違った景色に見える。
季節毎に行く場所が決まっているようだ。定点観測している訳ではないのだが、この時期は、ココという具合に勝手に足が動いている。
週末にはお気に入りのポイントを更に見つけに行こうと思う。

_mg_3527


| | Comments (0)

夕景かくありき3

その時の太陽のエネルギーが網膜に残っている気がする。

_mg_4306


| | Comments (0)

夕景かくありき2

不思議と誰と見たかじゃなくて、情景が思い浮かぶ。
_mg_3530


| | Comments (0)

夕景かくありき

夕方の景色は季節によってまちまち。
季節感とともに人それぞれ思い出に残る夕景がある筈。
_mg_3576


| | Comments (0)

上野公園では

さくらが満開だそうですね。
新入社員がお花見の関取をするのが恒例の年中行事ですが、今年は開花が早かったのでどうなることやら。
諏訪地方の開花はGW前なので心配に及びません。
春めいた写真がないので以前撮ったものを貼ります。
_3162848


| | Comments (0)

そろそろ年度が替わりますね

送別会が急に増えたなぁ、と思うこの頃である。
何故、年の瀬と年度末を同じにしないのであろうか。一緒にすると分りやすいに違いないと大いに思う。
_3162829


OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL ED 70-300 F4.0-5.6

| | Comments (0)

5時から

地方都市にもステーションパークという店舗が集合した区域が出来るようになった。
会社帰りの寄り道は楽しい。日が長くなったのかまだ明るい。
Sdim0135


電器屋、スポーツショップ、本屋、と順に周り、最後にCoCo壱のカレーで締める。
Sdim0125


帰る頃には暗くなっていた。
Sdim0108


| | Comments (0)

さくらはまだ

です。各地でさくら便りが聞かれるご時世になりました。
例年、諏訪地方では、4月中旬からGWにかけて開花する。今年は1週間くらい前倒しになりそうな予感。
_3162864

さくら前線と共に冬季閉鎖が解除になります。
_3162835


| | Comments (0)

逆光の街

「逆光は逆境である」と、中学生の頃読んだ浅井慎平さんの本に書かれていた。
そして逆境をチャンスに変えることがドラマチックになると。
Sdim0033_080322


Continue reading "逆光の街"

| | Comments (0)

縄手通り@松本

小腹が空いて鯛焼きが食べたくなると縄手通りに行く。通りには鯛焼き屋が3件あり、その中の矢澤鯛焼店で良く買う。長屋風なつくりの商店が並んだ通りで、昔ながらの風情がとても気に入っている。
この辺りも映画館のあった場所がマンションになったりと再開発の対象となっているようだ。
_mg_3959_071104

_mg_3957_071104


Continue reading "縄手通り@松本"

| | Comments (0)

木景2

スギ花粉が舞う時節ですがまだ漂っている雰囲気はありません。
灯台下暮らし的な理由かもしれません。
Sdim0422_080316

Sdim0429_080316

| | Comments (0)

木景

木が整然と並んだ景色はとてもきれいです。
Sdim0418_080316


木の種類によって表情も随分と違います。
_3162817


| | Comments (0)

霧ケ峰より望む

霧ケ峰から八ヶ岳等の山並みを見ることができます。
_3162949


霧ケ峰スキー場とは反対側の位置です。

Continue reading "霧ケ峰より望む"

| | Comments (0)

霧ケ峰

どの辺りまでを霧ケ峰と呼んでいるのか、境界がはっきりしません。
いわゆるブランド名であるので、XX霧が峰が沢山あります。
Sdim0477_080316

ポコッと浮島のように盛り上がった丘が霧ケ峰だと思っています。

Continue reading "霧ケ峰"

| | Comments (0)

ミラージュ

DP1で撮影すると逆光でミラージュ効果が得られることがあります。
Sdim0230


画像の色ムラは、撮影時のホワイトバランスを固定にすることで殆ど目立たなくなるようです。RAWファイルの場合は、撮影後のSPPでの現像のときにホワイトバランスを固定(晴れなど)にすることでも効果があります。
シグマ社担当の方から回答を頂いて分ったことです。

| | Comments (0)

残雪

霧が峰周辺の残雪の様子です。
_3162873


Continue reading "残雪"

| | Comments (0)

湿原周辺の様子

八島-和田峠間の開通が4月22日からだそうです。
今から1月程先ですが、その頃には雪が道路から消えていると思います。
今回の撮影では、シグマDP1のJPG品位を推し量るべく撮影をしました。SPP2.4のレビューまで時間が長すぎることと、意図しない補正が掛かってしまうので、JPG->SILKYPIXで現像->PSで処理にしました。
この流れのほうがすっきりと使い易いです。

Situgen


Continue reading "湿原周辺の様子"

| | Comments (0)

八島湿原@SUN

3/16日現在の八島湿原の様子です。
Yashima


見た目の具合では積雪状況は、そう変化がない様ですが、歩くと膝丈まで潜ります。
Yashima_e


入口のトンネル

Yashima_c


周りの状況

| | Comments (0)

赤ワイン号

塩尻市名産「ワイン」だけに、赤ワイン号。ボルドーカラーです。みどり湖なのにです。
Sdim0304


諏訪湖と比べると池に見えます。
_3152775


もう少し暖かくなると華やいでくるのでしょう。
_3152779


| | Comments (0)

冬枯れ植物つづき

名前は分らない草木です。
_mg_3508


_mg_3512


Continue reading "冬枯れ植物つづき"

| | Comments (0)

冬枯れ植物

冬枯れの植物(草木)は、天然のドライフラワーです。

広葉樹の場合は死んだように冬枯れても、春になると再び青々とした枝葉が再生されますが、形骸化した、それはもうこのまま朽ちるのみです。
_mg_3510

種子を既にその内に作ってしまえば、いのちを全うしたことになるのでしょうか。
_mg_3509

| | Comments (0)

日の出前

日の出前の空もすきです。
_mg_4268


| | Comments (0)

朝の景色

日の出前からの景色です。
_mg_4218


| | Comments (0)

名残り

というよりか、未掲載ものでツナギデス。
_mg_4324


全ての掲載写真は、クリックすると壁紙サイズに拡大します。宜しければデスクトップにお使いください。

| | Comments (0)

雪融けの時候に

段々と地肌が出てくる時期となってきました。
Sdim0213


Continue reading "雪融けの時候に"

| | Comments (0)

月夜に想う

とりとめもなく記事をアップしております。
朝、車のウィンドウに塵状の粒がつもっています。これは、花粉か、黄砂か?
いづれにしても身体によくないような気がします。中国の砂漠地域から黄砂が偏西風に乗って運ばれる時、ついでにスモッグも吸い込むんだそうです。大気汚染がオリンピックで問題視されていますが、確かに晴れ間は、余り見たことがなかった気がします。

ところで、月の色が見るたびに違う気がしてなりません。大気の関係でしょうか。

Moon


これは、オリンパスE-3で70-300mmを装着して撮影したものです。手持ちで600mm相当の画角でブレないというのは随分と凄いことになった感があります。

Moon2


こちらは、40-150mm使用です。

| | Comments (0)

朝の諏訪湖

諏訪湖は一時、汚染が進んでいたのですが、浄化政策もあって随分ときれいになったように思えます。
朝焼けの頃に眺めると、どこか別のところに来た錯覚を感じることがあります。
100_1580


Continue reading "朝の諏訪湖"

| | Comments (0)

色のある景色

あと一月ほどでも4月になります。
ですが、未だに雪景色ばかりで話が単調になってきました。
そこで在庫の写真を探したところ、沢山色の着いた景色がありました。

Img_0737


機材は、パワーショットG7です。
このカメラは、買った当時、JPGファイルで等倍で粗探しをしていたせいか、良さに気がつきませんでした。
改めて鑑賞サイズで見るときれいに調子が再現されていました。
既に手元にはありません。

| | Comments (0)

八王子駅にて

所用で横浜に行きました。復路で八王子を経由して特急あずさに乗ります。
乗換えまで時間が空いていたので周りを見回すと

早稲田予備校でなく早稲田塾の看板あり。入ってもこのような人はいないでしょうけど。
_2242518

Continue reading "八王子駅にて"

| | Comments (0)

車山を望む

たまねぎ型の天文台に向かって登っていくと車山頂上に出ます。
そこにはリフトがあり苦労して登らずとも車山スキー場側から回ると行くことができます。
Sdim0041


| | Comments (0)

雪景つづき

雪景色の残りです。本日も雪が降りました。この雪は霙に近いものでした。
Sdim0037


Continue reading "雪景つづき"

| | Comments (0)

諏訪湖岸

水が凍り氷になる際に体積が10%増すことはご存知のことと思います。
湖に張った氷も同様に体積が増えます。この増えたことにより氷が割れて盛り上がる現象が神渡りです。

湖岸では氷が打上げられます。
Sdim0203

氷を撮影するとイメージと違ってどす黒く写ります。露出が反射率18%グレイとして被写体を想定しているので、そのままでは、白いものも18%のグレイになります。このため露出を1~1.5段プラス補正して撮影すると白く写るわけです。

シグマDP1では、露出固定(AEL)ボタンと補正ボタンが独立していて操作しやすいです。
測光モードをスポットにして氷の明るい部分にカメラの中央マークを合わせ、AELボタンで露出を固定します。
露出補正ボタンを押し、十字選択ボタンの右でプラス設定します。(マニュアルの場合は、シャッター速度と絞りの組合せでこの補正数値が変わるようです。)

| | Comments (0)

諏訪湖岸様子見

諏訪湖の氷も岸付近で融け始めてきました。
本日も、シグマDP1を使用しました。これに外付けファインダーと専用フードをつけ、保護用フィルターをフードアダプタに装着しています。
カメラを顔に押し当て、ファインダーをのぞくと、構えた感じは、ライカのようです。
諏訪湖岸でハクチョウが飛来する場所があります。餌を無造作に撒いているので、カモ、鳩、トンビも集まってきています。
Sdim0143_2


この写真は、色被りの処理をしていませんが、ローキーな画の場合は、あまり目立たないようです。

Continue reading "諏訪湖岸様子見"

| | Comments (0)

ビーナスライン沿いの景色

シグマDP1による撮影です。
PLフィルターによる変色だと思っていたのですが、フィルターを使っていなくても起こることなのでカメラに起因するようです。

現象は、画面中央部がマゼンタ(赤)に被りが生じています。お気づきでしょうか。
フォトショップで円形のマスクを作り、トーンカーブでREDレイヤーで補正すれば取ることができます。

日中の撮影に影響大なので赤外カットフィルターの特性が良く練られていないのかもしれません。
Sdim0040


大部分がニュートラルグレーの被写体だと良く判ります。

| | Comments (0)

雪上散歩

緩い雪に足を捕られないように忍者歩きの要領で雪上歩行です。
登山家のようにクレバスに落ちるということもないので大丈夫。

カメラは、コンパクトサイズのシグマのDP1。これにPLフィルターを着けての撮影です。
この位の距離の撮影では、F8まで絞るとパンフォーカスになるようです。
RAWフォーマット撮影で多少の露出は現像のときに調整できるので、厳密ではなく、ハイライト部を測光してロック。露出倍数を+2に設定して撮影しています。
PLフィルターの効果の確認はこのピーカン状態ではLCD画面が白茶けて見えないので空が暗くなった位置に止めるだけになりました。

撮影したファイルを現像しているときに気づいたのですが、PLを着けて撮影すると、周辺光量落ちに加えて変色してしまうようです。これは、イメージセンサ(CMOS)に入る入射光の倒れが影響しているのではないかと思います。
(フォビオンは色素感光層が色別に重なっているので、入射光の方向のズレで各色層に均等に入らなくなり、色づいてしまったのでしょうか。)

解像感は、一緒に持っていったデジイチよりも高く、ちょっとビックリです。
Sdim0043_2


| | Comments (0)

雪濠

3月になって降雪もほとんどなくなりました。これからの季節は積もった雪が融けるだけです。
緩んだ雪を踏むと時折膝丈ほど沈み込むことがあり、普通の靴ではとても歩きにくくなりました。
そのため、通路に雪濠が掘られています。高さは1m余り程です。
Sdim0056_2


この時の気温は7度。上着が要らず、フリース一枚でOK。ただ、サングラスを掛けないと眼がやられます。
Sdim0034_2


| | Comments (0)

水上バスの景色

日の出桟橋からお台場国際展示場(パレットタウン)まで定期船があります。それが水上バスです。
新橋~お台場間に新交通「ゆりかもめ」、ができるまでは、主流な交通機関でした。
今日の乗船は、4・5名のガラ隙。観光気分で海の旅をすることができました。
100_1417_071107_071107

かもめもノンビリ
100_1430_071107_071107


Continue reading "水上バスの景色"

| | Comments (0)

エンターテイメント

ネタがなくなったので中国ものを1つ。
中国関連ニュースでコピーキャラクターの遊園地が話題になりました。そんなところもあると思いますが(何があっても不思議ではない)、普通の公園、遊園地もあります。
Park

何でだか立ち止まる人は余りいなく、常に歩いています。

Continue reading "エンターテイメント"

| | Comments (0)

親子で

最近船の事故が多いですね。

_mg_4739_1

なぜ親子ハクチョウ丸というのかわかりますか?
_mg_4744

答えは写真の中に

| | Comments (0)

白い雲青い、、

空なんて、嫌いではありません。
疲れたときには、のんびりと空を眺めて過ごしたいものです。
Kumo


|

霊長類

霊長目に属するほ乳類動物をまとめて呼ぶそうです。ヒトもこの分類に含まれます。
霊長類は原猿亜目と真猿亜目とに分類され、原猿亜目にはキツネザルやロリス、ツバイなどで、真猿亜目にはサル、類人猿、ヒトなどが分類されます。(インターネット抜粋)

こいつは、知り合いの○○に似ているなぁという感覚は誰にでもあると思います。
_3022698


ニホンザルは酒やけの赤ら顔の叔父に似ていると思う。
_3022707


Continue reading "霊長類"

| | Comments (0)

グラントシマウマ

シマウマは、サバンナシマウマ、グレービーシマウマ、ヤマシマウマの3種類(種)がいます。写真のシマウマは、このうち最も生息数の多いサバンナシマウマの亜種、グラントシマウマです。
_3022650


Continue reading "グラントシマウマ"

| | Comments (0)

メスライオン

ライオンの世界では狩をするのはメス。オスライオンは、その獲物を平然と頂くそうです。
子育てをするのもメス。「獅子は我が子を千尋の谷に突き落とす」ことは決してない気がします。
_3022708


Continue reading "メスライオン"

| | Comments (0)

アミメキリン

アミメは、多分、網目の模様から来ていると思います。
2階建ての建物くらいの背があります。身体の模様は、白地に斑点が着いたのか、茶色地に線が入っているのか。まぁ結果は同じですけど。
お尻は思いの他小さく、関西のおばちゃんがキリン柄のスパッツを履いているよう。
Amime1


Continue reading "アミメキリン"

| | Comments (0)

マーラ

マーラの「ラーマちゃん」、テンジクネズミ科の動物です。
_3022675


Continue reading "マーラ"

| | Comments (0)

虎は実に悠然としています。食物連鎖の頂点にいる動物は見つめても目を逸らさないのが特徴です。
_3022629


Continue reading "虎"

| | Comments (0)

フラミンゴ@動物園

動物園に行きました。順々にアップしていきます。

先ずはフラミンゴ。
フラミンゴの色合いは凄くきれい。
どんだけ首が曲がるんだ、って言うくらいぐにゃぐにゃな首。
アップにするとあまり可愛くない。

_3022617

寒さのせいか水浴びをする姿は見受けられません。
_3022618


| | Comments (0)

三月の雪

三月に入って、また雪が降りました。
気温が高い中での雪は、溶けやすい代わりに含んだ塵で汚れを残します。
_3012610


Continue reading "三月の雪"

| | Comments (0)

夕方太陽

火が点くんじゃないかと思えるくらいの明るさでした。ファインダー越しの眼が痛い。
_1041545


| | Comments (0)

工場萌え

団地萌え、その筋の魅力に共感する人もいると思います。では、工場に萌える人もきっといると、いうことで、
夕方の工場はいいと思います。
凪ぎの状況では煙突からでる煙が真っ直ぐ立上ります。朝は海風、昼は陸風で向きが変わるのです。
工場の煙は昼間よりも夜間の方が大量に登っている気がします。出だしは、夕方。なので、見頃は夕方な訳です。
_1041534


Continue reading "工場萌え"

| | Comments (0)

« February 2008 | Main | April 2008 »