« July 2008 | Main | September 2008 »

August 2008

連日の雨天

季節の変わり目には天候が不安定で良く雨が降ります。それにしても降り過ぎかと。
お盆過ぎから「ゲリラ雷雨」なる突発的な豪雨が続いています。外出の際には気を付けましょう。

P1000165_080903


パナソニックのLXシリーズのモデル3代目はシグマDP1を使い易くしたようなカメラです。あまり話題になっていませんがお勧めのマシンです。

| | Comments (0)

新宿夏色 東口

東口も休日には歩行者天国になっていた気がするんですが、あの事件があってか取り止めになっているのでしょうか。

_igp6374


何があっても不思議ではないという事態に歯止めがかかる節はどこにあるのだろうか。

_igp6371


Continue reading "新宿夏色 東口"

| | Comments (0)

新宿夏色-立看編

原色系の立看が気になります。趣味の悪い安売り量販店は相変わらずです。

_igp6375_2

統一した系列色であると、すっきりした配色で
_igp6367


Continue reading "新宿夏色-立看編"

| | Comments (0)

新宿夏色

今月中旬の暑かった新宿の様子です。

_igp6340


帰省のついでに寄ったので、当てもなく歩いてみました。

Continue reading "新宿夏色"

| | Comments (0)

横河川上流

横河川沿いの道を登っていくと段々と道幅が狭くなって川が浅くなってくる。
_igp5671


途中、段差のある堰が小滝となっている。
_igp5667

_igp5679

Continue reading "横河川上流"

| | Comments (0)

泳げない砂浜

ここも遊泳禁止です。サーフィンは例年見かけるのですが、今年はいませんでした。
まるで冬の閑散とした海のようです。

_igp6172

波は強く打ち寄せるので、うっかりと波際に立っているとエライ目に遭います。

_igp6207

| | Comments (0)

太平洋荒波

海に行きました。遊泳禁止の海です。
数キロも離れたところには遠浅の海水浴場もあるのに一変して荒れています。
波の塩分がガードレールを錆びさせ、打ち寄せが激しいことを示しています。

_igp6132_3_4_5_6

岸壁にはテトラポットが積まれ激しい波の勢いを緩衝しています。

_igp6152_3_4


遠くを眺めれば太平洋の大きさを感じます。

_igp6160_1_2

| | Comments (0)

美ヶ原牧場

ここの牛は大自然で育っているせいか、とてものんびりとしています。
山の天候は激しく変わり10分単位で景色が一変します。気温18度、自宅の周りが27度だったので
気温差、9度。

_igp6799_800_798_2


乳牛とは別の区域に黒毛の牛がいます。とても美味しそうです。

_igp6874_5_6


| | Comments (0)

高校球児

帰省した際に、甥が試合に出るというので観戦に行った。
いつの間にか高校球児になっていた。何故か野球だけは、他のスポーツと違って、特別扱いが多い。
練習試合に親のサポートがあり、応援がつく。練習でも試合でもくそ暑い中で行い、ユニホームを着る。
(ナイターでやればいいのに、涼しい中、ジャージでは許されないのだ。)勝ち進むことで地元の期待の星となる。

_igp6054


| | Comments (0)

田園HDRつづき

これらのHDR原画像は手持ちで撮影しています。タイミングによっては風が吹いたり体が動いたりで
写真が重ならない場合がある。なるべく動かない被写体を狙うわけですが、それも面白くない。

_igp5941_2_3_4_5


デジイチカメラにはオートブラケット機能というのがあり、一回シャッターを切ると連続して3枚、5枚と露出
(シャッター速度)が指定速度差をずらしながら撮影が行われる。この一連の動作でできた画像を1つに
合成すればHDR(ハイ・ダイナミック・レンジ)と呼ばれる画像となる。

_igp5930_1_2_3_4


| | Comments (0)

塩尻田園

塩尻の山麓線から見える田畑が青々と風に靡き眼に麗しいです。
ここの景色は見るには眼に優しいのですが撮影にはとても厳しい。
どうやったものかと週年来の課題でした。HDRという手法で5枚の画像を合成して作りました。

_igp5909_5_6_7_8


中で最も条件の厳しい太陽を画面に入れたものです。

| | Comments (0)

向日葵

向日葵は太陽の方を向いて動く、と言われています。
向日葵の写真を撮るといつも逆光なので、太陽にいつも背を向けていると思うのです。

_igp5452


小さな花が無数丸く集まってあの形になっているようです。

_igp5486


| | Comments (0)

蜻蛉

飛ぶ昆虫を撮るのは中々に難しい。蜻蛉は何故か一旦逃げても同じ場所に返ってくる。
少しずつ近づいても同じこと。顔は、仮面ライダーに見える。
仮面ライダーは、バッタから連想されたものだと聞いているが、実は蜻蛉ではないかと。

_igp5322

あまり蜻蛉を見かけなくなった。ヤゴが育つ環境がなくなりつつあるのだろうか。

| | Comments (0)

蝶と花

蝶のいるところに花あり。蝶の顔をまじまじと見ると、エイリアンのようです。

_igp5356


小型デジカメの進歩で非日常な世界を簡単な操作で覗けるようになった。

_igp5364


| | Comments (0)

花糸

花糸が花弁より無数に飛び出た花。
特有の匂いを辺りに漂わせ、誘われるように花に見入った。

_igp5337

日が陰った後の薄ボンヤリシタ中で紅色と白のグラデーションの花糸が際立って見えた。

_igp5346


望遠マクロで撮影すると、日常を超えた視覚がカメラを通して付加される気がする。

| | Comments (0)

栂池自然園3

栂池自然園は湿地帯、池、山、川、といった景色が盆地のような場所に集約されている。

川、「銀命水」という標識

_igp4994_080726

すくって飲んだ水は美味しかった。

_igp4968_080726


池が異様に黒く見えたのは鉱泉なのか。

_igp4961_080726

| | Comments (0)

栂池自然園2

栂池自然園はただの植物園とは違って天然の高山植物のみである。厳しい自然に晒された木々は
奇妙な形になることがある。

_igp5006_080726

_igp5025_080726

落雷を受け破損したと思われる木もしばしば。

_igp4918_080726

_igp4955_080726


つづく


| | Comments (0)

« July 2008 | Main | September 2008 »