« November 2008 | Main | January 2009 »

December 2008

犀川白鳥湖

犀川にコハクチョウの飛来する自然交流センターがあります。初めて訪れてみました。
コハクチョウは200羽ほどで次々と川(湖)に降りてくる感じです。

Ik7w4002


飛び立った白鳥の羽音が、ブーン、と結構大きく聞こえ、集団で飛ぶ様は迫力があります。

Ik7w3952


鴨、鷹なども合わせるとその数は驚きの数です。

Ik7w4098


(つづく)

| | Comments (0)

車山に寒波

暫く暖かい日が続いていましたが、年末を向かえ段々と寒さが厳しくなってきました。

Ik7w3797


室外計がマイナス4℃を表示していました。昼間のこの時間にこの気温だと充分に寒い。もう少し積雪があってもよさそうなものです。(クリスマス週間に入ってもホワイトクリスマスの気配はないですね。)
陽が射すと雪が融けて水となり、これが陰ると途端に凍ってアイスバーンとなるようで、下り坂のカーブで少し横滑りしながらの走行でした。お越しの際にはお気を付け下さい。

| | Comments (0)

田園景色

トラクターで畝を盛んに造っている様子。

Ik7w3712


夕方の斜光で田畑のプロフィールが浮かび上がる。

Ik7w3719


今年もあと10日余りで終わりです。年の瀬とも言います。やり残したことはありませんか?

| | Comments (0)

師走のタイガーマーク

今年もあっという間に暮れようとしています。
幹線道路は皆渋滞です。タイガーマークのトラックが割り込んできました。

Ik7w3397


虎印といえば、阪神、タイガーバーム、タイガーマスク、魔法瓶ですが、どの流れでしょうか。
そういえば、鳶職関連のユニホームメーカーに、「寅壱」がありましたね。

| | Comments (0)

白い覆い

雪が降りました。枯れた枝に雪が覆い被さって白い枝に変わります。
どす黒い木立が雪によって白く覆われ清らかな姿に変身です。

Ik7w3552


雪化粧という呼称に痛く感心。

Ik7w3545


覆いが取れる頃には中身も再生する点では化粧というより、”繭(まゆ)”の方があっているかも。

Ik7w3539


| | Comments (0)

立石公園@3:20PM

諏訪盆地を眺める山の中腹にある立石公園。園内はコロシアム的な円形のすり鉢になった集会場があるだけの一見すると小さな公園に思える。実際には山の斜面がすべて敷地となっていて、かなり広い。
都市計画の一環なのか桜の名所とするべく植林の跡がある。(見た目には落葉の堆積した山の小道だ。)

Ik7w3276


諏訪市街からは、少し上にある「ラ・セゾン」というラブホの明かりが付いてるのが目印。

Ik7w3282


縦に長い区画で、上側に時計塔の付いた展望台がある。

Ik7w3308


何の目的かは不明な日時計と世界各国の時間を表示する時計が地図のレリーフに埋め込んである。

Ik7w3301


諏訪湖の眺めだけは抜群に良いので、一度訪れてみることを勧める。

| | Comments (0)

霧が峰散策 山並み

登りついた場所は視界が開け、パノラマとも言うべき景観が待っていた。
澄んだ空気で見る山並みに暫し感動。

Ik7w3141

Ik7w3166

グライダー滑走路の側道を歩いて行き、スキー場に至る。
霧が峰スキー場は、まだ道の形が判るほどの積雪量。


Ik7w3200

象徴的な鐘は健在
Ik7w3204


リフトは、稼動はしていないが、整備済みであるようだ。

Ik7w3214

日差しで道路の凍結も緩み、溶けた水が流れている。

Ik7w3255


古くなった旅館が甲羅干しをしているようであり

Ik7w3269

約2時間の気持ち良い行程だった。


| | Comments (0)

霧が峰散策@12月初旬

オープンしていないスキー場の閑散としたゲレンデ。雪が積もっているものの、スキーが出来るほどでもない。

Ik7w3268


霧が峰スキー場を核とした周りの景観が美しい時期になった。

スキー場の脇を逸れ、バスロータリーの向こうに、グランドがある。見ると、天然のリンクが張ってある。

Ik7w3100


さらにグライダー飛行場に向かって上がって行く。坂道の景色が雪と薄氷で輝いて見える。
Ik7w3112


Ik7w3105


久しぶりの快晴で足取りも軽く、気分好く歩き始めた。(つづく)

| | Comments (0)

雪小道

いつもは、固い岩盤の上に火山灰が積もったような地質であるためか、思いのほか岩だらけで歩きにくい。
この道に雪が積もると、とても(今は)歩きやすい。

Img_3383


硬く締まった雪質であれば、まだ歩くことは出来るようだ。

Img_3400a


大量に降り積もれば、スノーシューで道でないところも歩けるようになる。


| | Comments (0)

雲上の雪

朝方の雲の位置は低いところにあり、この辺りまで上がってくると雲が眼下に見える。
イワユル雲海である。

Img_3253

雲海が発生する条件は、
夜半、山間部などを低気圧が通過して湿度が高くなったとき、放射冷却によって地表面が冷え、それによって空気が冷やされていく。ここで風の流れがない場合に、冷えた空気は(ボウル状の地形のため)その場に留まり、さらに冷却され続ける。やがて一帯が飽和状態となり、空気中の水分が霧となって発生する。(記事抜粋)

Img_3308

早朝に出現した雲海は、段々と上に昇ってきて雲になることはない。
気温が上昇するにつれ、水蒸気が飽和した状態でなくなり、そのまま消えてなくなる。

Img_3316

無風であることと湿度が高いことなど条件があるけれども、早起きしなければ見られないことには違いない。

| | Comments (0)

凍てつく草木

少し暖かい日が続きました。気温が+5度~+15度。
10度を超えると汗ばむ陽気に感じます。この環境でも山では、-5度でした。

Img_3244


朝日に照らされた草木は神々しく見えます。

Img_3247


| | Comments (0)

« November 2008 | Main | January 2009 »